Trusted Site Seal
SSL Certificate



樋口一葉と水仙




明治時代を代表する女流作家といえば、樋口一葉です

わずか24年という短い生涯の中で、名作を次々に世に送り出し

女流作家の草分けとなった人です。

2004年に5千円札の顔にもなったので、 知らない人はいないと思いますが、

一葉さんがお札になる、はるか以前からのファンです。

少しでも知っていることをご紹介したいと思っています。

 樋口一葉の珍しい写真

樋口一葉のおさげ髪姿

樋口一葉のめずらしいお下げ髪姿、

 右が樋口一葉、 左が明治女学校通っていた 太田竹子。

樋口一葉が萩の舎で太田竹子に和歌を教えていた頃の写真

 

樋口一葉が書いていた仕入れ帳

樋口一葉が 商いをしていた頃の仕入帳

達筆な文字で ひとつひとつ値段が書き込んである。

 

 樋口一葉について

 ●樋口一葉の年譜

 ●樋口一葉の小説

 ●樋口一葉の和歌について

 ●樋口一葉と明治女学校

 ●明治時代の襖紙

 ●明治時代の物価と生活費の目安

 ●中原淳一とたけくらべ

 ●明治のお金

 樋口一葉さんを偲んで歩く・・・私の日記帳より

 ●2011年 211年 私の樋口一葉忌 (本郷法真寺から三ノ輪一葉記念館まで徒歩でまわる)

 ●2011年 明治時代のお米の値段

 ●2009年 萩の舎を訪ねて

 ●2005年 鏑木清方の絵を見て

 ●2005年 私の一葉祭

 ●2004年 私の一葉祭

 ●2004年 山梨県立文学館 樋口一葉展に行って

 ●2003年の一葉祭風景

 ●2003年 はじめてのお墓参り

 ●2001年 一葉さんを偲んで

 ●2001年 私が見つけた樋口一葉にこだわる方々

 ●1999年 下町風俗資料館

 ●1999年 一葉の面影を歩く

 

--------★ マイブログ(折々の記)★--------

 2018/11/12  孫の七五三

 先日、孫たちの七五三のお祝いをした。
ちょうど七歳と三歳の女の子だったので、娘の時に亡くなった母が買ってくれた着物をふたりの孫たちに着せた。

自分の着物は着れるようになったが、人に着付けをするのははじめての経験。

かわいい孫たちが恥をかかないように、色々な本を購入したりして、だいぶまえから準備はしておいた。 が、
やはりはじめてのこと、汗びっしょりになって娘を含めて3人の着付けをした。

美容院で着付けるのとは違い、きちっとした着付けではなかったけれど、孫たちは喜んでくれたのでとても良かったと思った。

亡母がせっかく揃えてくれた着物なので、どうしても孫たちには着せたかったので、これでひとつ役目を果たせた気がしてホッとしました。

 

 2018/07/23 足立の花火

 先日、40年ぶりに足立の花火を見に行ってきました。
小さい頃は千住新橋のところでゆかたをきて(その浴衣がリップルという生地でガサガサして嫌いだった)花火をみたりした記憶は、かすかにあるのだ が大きくなってから嫁にいくまでは花火大会はなかったような・・・

 今回の花火大会が40回ということは私が嫁いだころから再開されたということなのだなと思った。亡くなった母が家の2階から花火が見えるんだよ、見 たいと言っていたのがずっと心にひっかかっていた。

 いつもは静かな町だが、一年に一回、この時期だけはにぎやかになるのだなと今更ながら思った。
仕事の都合とはいえ実家の父や母を大切にしていなかったことを今更ながら後悔している。せめてもの罪ほろぼしだと思い、
今回父と母の写真と、ふたりが使っていた携帯電話をもって花火を見に行った。ほんとにたくさんの人でいっぱいだった。
この荒川の土手は、私が小学生の頃友達と一緒に来て遊び場にしていたところだった。半世紀以上もたってふたたびこの地に訪れるとは、
なんとも不思議なきがした。月と星と花火が一緒になってとてもきれいだった。それに今はスカイツリーも加わった。変わるものなのだな・・

 ほんとに「親孝行したいときには親はなし、さりとて墓に布団は着せられぬ」という東京物語に出てくる言葉とおりになってしまったな。
もっと早く気が付けばよかった、と後悔ばかり。それだけ忙しい時間を過ごしてきたということだが、忙しいというのはほんとに心を亡くすものだなと、
こころから思った。来年の花火は見に来れるかどうかわからないが、ともかく今年は見にこれて良かった。今までの親不孝をどうか許して下さいね。

 

 2018/06/19 父の着物

 父が亡くなってから半年がたった。今まで父の日のプレゼント何にしよう?なんて考えていたのに、
今年はいなくなってしまったのでお墓参りに行きました。
父が亡くなった当初は相続手続き等で暴殺され気も落ち込んでいたけれど、相続も完全に終わり一段落。
母の着物も父の着物も私がもらうことができた。
母の着物は私が着ることができるけど、さすがに父の着物は着れないから捨てるしかないかなと思ったが、
この着物は、たしかお正月着てたよなあ、とか、この着物をきた父が写真にうつっていたよなあ、とか考えると捨てがたくなって困ってしまった。
そこで考えた。着物としてはきれないけれど、帯にすることはできるだろうと。そして父の着物をほどいて帯に仕立ててみた。
地味ではあるが、今の私の年相応でなかなかいい感じだと思った。捨てなくてほんとに良かった。

改めて昔の着物もきてみると、地味で嫌いで似合わなかった着物も、今の自分にぴったり合うのにもびっくり。
しかも手のこんだものというのは往々にして地味なものが多い。若いころの私にはその良さがわからなかったのだ。
年をとるというのもなかなかいいものだなあと思う。せいぜい着物を着てお茶会に出かけようと思った。

 

 2017/12/26  今年ももうじき終わりますね

 酉年の今年は色々なことのあった年でした。社会でもたくさんのことがあり目まぐるしい年でしたが、個人的にも色々なことがありました。
最大の出来事は実父が12月に96歳で永眠したこと。検査入院で入院してから3日で亡くなった父。それまでは自宅で普通に過ごしていたのに・・
あまりにもあっさり亡くなってしまったので、悲しいというかその潔さにあっぱれという感じしかない私です。
94歳まで仕事をし、母の介護の為に仕事をやめ、母が亡くなった後は私たち姉妹に迷惑がかからないように、
色々なことを処理していった寡黙だった父。
自分の親ながらほんとに立派だったと思います。

両親がいなくなるというのは、年には関係なくほんとにつらいものだなと思います。

 

 2017/08/16  樋口一葉さんから学んだもの

 このところ一葉さんとは程遠い生活をしていました。それで今、改めて私にとって、一葉さんとはどんな存在だったのかを考えてみました。
一葉さんの小説はもちろん素晴らしいのはいうまでもないけれど、何がそんなに私の心を引き付けたのだろうかと?

考えてみると、一葉さんから多く学んだのは日本の着物や日本髪、日本の伝統文化だったような気がします。
実のところ一葉さんの小説を読んでいて、わからない言葉が多かったのです。
たとえば、「・・しゃぐま・」 「・・唐桟の着物・・」など??ばかりだった。
しかし、それが、「何だろう?調べてみよう!」と私の興味を惹いたのも確かな事でした。

私が一葉さんに興味を持った昭和40年代半ばは、高度成長期真っ只中でした。
若者たちは日本文化よりも外国のものに夢中。
習い事は茶道、華道にかわり、ダンス、テニス、ボーリング(習い事といえるのかな?)など。
へそまがりの私はそういうものには背を向け、茶道、華道、和裁など、時代遅れとも言われたものに夢中で通いました。
まさに、それこそが一葉さんからかけられたマジックだったように思います。(日本文化をもっと知りなさい!と)

一葉さんが小説を、当時、はやりだしていた口語体ではなく、わざと、わかりにくい言葉でかいたのは、
明治という時代へのささやかな?(私は大きいと思うが・・)抵抗だったという研究者もいたような気がしましたが、
廃仏毀釈に象徴される、それまでの日本文化を否定し、洋風化を推し進めていこうとする明治という時代への抵抗を、
まさに小説を通して見事に我々にマジックをかけたような気がしてなりません。

 未だにそのマジックにかかったままの私は、今、母が好きだった着物について勉強したいと思っています。
その中には、すたれていってしまった伝統工芸品も含まれています。

 幸いなことに東京オリンピックを迎えるにあたり、日本について興味をもってもらえるいい機会が増えました。
若い人にも日本文化が見直をされ、日本の伝統技術を取り上げたテレビ番組などもも増えていて今は嬉しいかぎりです。

 これを機会に、自分なりにできる範囲で、このHPでも着物や日本文化について発信していこうかなと考えているところです。

 

 2017/04/13  浅田真央さんの現役選手引退について

 まずはアスリートとしてトリプルアクセルの完成と完璧な演技に挑戦し続けてきた浅田真央さんに、
敬意を表するとともに、ファンとして彼女の演技がみれなくなるということに、とてもとても残念な気持ちと寂しい気持ちでいっぱいです。

真央ちゃんの功績は色々な番組で取り上げているので申すまでもないことですが 、
特番を見ながら彼女の魅力を私なりに改めて、感じたことがありました。

今までは真央ちゃんは弥勒菩薩みたいと思って見ていたのです。しかし、ソチ五輪のフリーの時の演技に臨むときの真央ちゃんは
般若のようにもみえました。そして演技が終わった後の泣きながら笑顔でほほ笑む姿はまるで天使のように穏やかな笑顔でした。

しかし、昨日テレビでみていて、この人はモナリザみたいだなと思いました。

というのもこれが最後になってしまうのかしらと思って、テレビの中の真央ちゃんを携帯で撮っていたのですが、
光の加減なのか、バックがどうしても暗くなってしまったのです。
が、それを見ていてハッとしました。
今まで、私はあのモナリザの絵の良さはあまりわからなかったけれど、真央ちゃんをみていて、
人を引き付ける何かをもっている人の共通点なのかなという気がしてきました。

氷上の上をしなやかに滑っている真央ちゃんはとても魅力的だったけれど、
飾らない素顔の真央ちゃんってとても素敵なほほえみだなと思いました。
まさに現代のモナリザ!という感じがしました。

これからも素敵なスマイル人生を歩んでいかれることを心から祈っています。
ほんとにほんとにお疲れ様!そしてありがとう!
ほんとに寂しいです。

 

この間のマイブログはこちらをご覧になって下さい

 

 

 2011/04/28  皇后さまと水仙

きのう、天皇皇后両陛下が東北の被災地を見舞われたニュースが放映されていました。
その時、被災された方から、美智子皇后様に水仙の花が手渡されました。

阪神淡路大震災の時には、皇后さまが、皇居に咲いていた水仙の花を被災された方に持っていかれたそうです。
その時以来、水仙の花は復興のシンボルとなったそうです。その話は今回私ははじめて知った。

樋口一葉のシンボルも水仙の花。
「たけくらべ」の最後に水仙の花の造花が投げ込まれるシーンがあります。
「どんな境遇にあっても強く逞しく生きろよっ!」という信如から美登利への応援メッセージとも思われる感動的なシーン。
今回の東日本大震災では被災地に逞しくも咲いていた水仙の花だそうですが、
水仙の花が象徴する強さを感じ、思いがけないところから樋口一葉を連想してしまいました。 
一日も早い復興を!と祈らずにはいられない。そんな所からこのホームページのタイトルを「樋口一葉と水仙」と致しました。