樋口一葉と水仙/2009年 樋口一葉の学び舎<<萩の舎>跡を訪ねて




2009年 樋口一葉の学び舎、<萩の舎>跡を訪ねて

 

樋口一葉を語る上で忘れてはいけないのが「萩の舎」という存在です。
萩の舎は、一葉が小学校を11歳で卒業してから、学問好きな一葉の為に、父親が明治19年8月20日、
一葉14歳の時に入門させた中島歌子が主宰していた歌塾でした。
萩の舎は鍋島家、松平家をはじめ名門の夫人や子女が入門していて、一葉が入門した頃が最盛期で、
一時は千人余りの門下生を抱えていたそうです。
一葉は萩の舎で上流階子の子女に交わりながら、歌や書、そしてその基礎教養として
八大集や「伊勢物語」「源氏物語」「枕草子」などを学んだそうです。

その萩の舎跡地をぜひ廻ってみなくてはと思いつつ、なかなか行かれず、
まだ夏の日差しがきつい時期でしたが、時間が取れたので回ってみました。

 



■■■  ■■■



後楽園駅を降り、北野神社を目指してゆく。
行く途中に「春日の局」の銅像があったので撮ってみた。
そういえばこのあたりの町名は春日だ。
近くに都営大江戸線に「春日駅」もあるし、
何かゆかりがあるのだろうと思いながら先を急ぐ。
しばらく歩くと北野神社が見えてきた。
境内には狛犬ではなく牛が鎮座ましましている。
ここは「牛天神」ともいうそうだ。

牛の体をなでると願い事がかなうというので、
私は思いっきりなでてきた。
その後利益は果たしてあったのだろうか?

北野神社の境内の中に中島歌子の歌碑があった。


←中島歌子の歌碑

→こちらが北野神社の表だったようだ。
私は裏から入ってしまったようだ。
表からの方が階段がきついので、裏の道を教えてくれたのだろう。
萩の舎を探すという目的がなければ、もと来た道を帰ったのだが、
私は萩の舎を探したかったので、この階段を降りて、萩の舎跡を探した。

北野神社では、中島歌子の歌碑をとったり、、すぐ近くの弁天様を拝んだりとしているうちに、
思いっきり藪蚊にさされ、足が痒くて痒くてふくれあがってきた。
それでも、その足で萩の舎を探さなくてはと、あちらこちらと動きまわった。




そうこうしているうちにやっと萩の舎跡らしきところを見つけた。
今はもうマンションが建っていて、当時の面影は影も形もないが、
ここに一葉さんが通ったんだと思うと感慨深い。

このマンションの前の道路をみるとちゃんと道しるべがあった。
あっ、やっぱりここでよかったんだとホッとした。

蚊にさされた足がものすごく膨れてきて、
いてもたってもいられず、ゆっくり感傷にふける状態ではなかったが、
念願の萩の舎跡を、この眼でみることができてほんとに嬉しかった。
何年もかかった課題をやっと終え、早くこのことをまとめようと思っていたが、
携帯で撮った写真があまり良くなくて、躊躇していたが、思い切って
UPしてみることにした。

場所がはじめからわかっていれば、駅からは近いし、
もっとはやく探しあてることができたのだろうに。
残念ながら、本郷からの広範囲にわたる一葉案内の地図がなくて、
こちらの方を探すのに結構時間がかかってしまった。

一葉さんは本郷から、この道を歩いて通ったのだなあと思うと、何とも昔の人は凄いなあと
思わずにいられなかった。

この後、私の足はもの凄いことになってしまい、
後楽園駅の近くの薬局に駆け込んだのでした。
北野神社に行く時は寒い時が良いようです。


NEXT 明治時代のお米の値段


樋口一葉と水仙のトップはこちらから