樋口一葉と水仙/樋口一葉小説第二十作品「たけくらべ」のあらすじ



樋口一葉小説 第二十作品 「たけくらべ」のあらすじ



あらすじ

吉原界隈を舞台に、八月二十日の千束神社の夏祭りから十一月下旬の大鳥神社の酉の市にかけての季節めぐりの中に、この地に住む子供たちの世界がくりひろげられていく。やがては遊女になるべき大黒屋の美登利と僧侶になるべき龍華寺の信如の淡い恋心の交錯を中心にしつつ、彼らをめぐる正太郎、長吉、三五郎らが織りなす子供たちの時間の消滅していくさまが抒情的に描かれていく。


たけくらべの美登利


全集 「樋口一葉」 小説編より

 

 

 

 

 

 

 

 

樋口一葉が執筆した小説22作品に戻る

樋口一葉と水仙のトップはこちらから